経営発達支援事業

経営発達支援計画の概要

実施期間

平成27年4月1日~平成32年3月31日

目 標

小規模事業者の事業計画作成を通じて、変化する経営環境への対応と企業の持続的発展を支援し、経営力向上や海外展開を含む販路拡大、事業規模の拡大による雇用の創出を図る。また、創業支援・事業承継支援を行い、新見市の未来を背負う経営者を育成していくことにより、地域を支える企業の増加、I・Uターン起業による新たな産業の創造を図る。
さらに、中期的な取り組みとして6次産業化支援を行い、「アグリカルチャーからアグリビジネスへ」を目指し、地域の特色を活かした新たな事業創出と地域資源を活用した商品開発と販路開拓の支援などを図る。

事業内容

Ⅰ.経営発達支援事業の内容

1.地域の経済動向調査
・地域の経済動向に関する分析結果を取り纏めた資料を作成し、管内小規模事業者に提供するとともに、事業計画策定時に活用。
2.経営状況の分析
・巡回・窓口相談をはじめ、事業者とのあらゆる関わりを通じて経営資源や特徴を掴み、「事業価値を高める経営レポート」作成を行う。

3.事業計画の策定支援
・事業計画策定の必要性の周知と、経営の持続的発展を実現し新たな需要の獲得に必要な事業の再構築を図るための事業計画策定支援。
・創業を図る企業や、創業間もない(5年未満)企業の育成と基盤強化を図るため、他の支援機関等と連携して創業塾を開催。

4.事業計画策定後の実施支援
・よろず支援拠点、県産業振興財団、県連合会をはじめとした地域の中小企業支援機関及び金融機関等と連携しながら、伴走型の支援・助言を行う。
・小規模事業者経営発達支援融資事業を活用して金融面での支援を図る。
・創業後も販路開拓支援や記帳指導の強化などにより、伴走型の支援を実施。
・地域資源を活用した新たな産業の創出を図るため、6次産業化に取り組む農業者の相談・支援を行う。

5.需要動向調査
・事業者の取り扱う商品・役務の需要動向について取り纏めた資料を作成し提供。
・地域資源を活用した商品や役務に関する需要動向情報を収集・分析し、展示会・商談会への出展者に情報提供して販路開拓支援を行う。

6.新たな需要の開拓に寄与する事業
・6次産業化に取り組む事業者の販路開拓・商品認知度向上を支援する。
・各機関が実施する海外展開を含む展示・商談会・セミナーへの参加・
出展支援及びダイレクトマーケティングに関するセミナーの実施。
・小規模事業者持続化補助金の積極的な活用推進と、販路開拓の取組みを支援。

Ⅱ.地域経済の活性化に資する取り組み

・集客による地域活性化を目的とするイベントの開催。
・地域住民の生活を支援するコミュニティビジネスの推進。
・A級食材のブランド化や地域資源を活用した特産品開発支援。


■事業の成果・評価・見直し等の結果

→公表資料(H29実績)
公表資料(H29実績)のサムネイル

→公表資料(H28実績)
公表資料(H28実績)のサムネイル

→公表資料(H27実績)
公表資料(H27実績)のサムネイル


■施策活用・支援事例集

→平成29年度作成

H29.支援事例集(まとめ)のサムネイル