満奇洞

満奇洞

 満奇洞(まきどう)は新見市では最も早く開発された鍾乳洞で、昭和初期にはすでに他県にまで知られていた。洞穴は平面に発達した迷路に富む閉塞・断層裂か型の吐出穴であり、総延長は450m・最大幅25m。洞内最大のプールは夢の宮殿・竜宮と呼ばれ、無数のつらら石・カーテン・洞穴さんごが発達し、見事な景観を醸し出している。
洞窟内にある池の最大水深は約1mで、この水は洞内の炭釜・千枚田付近で地下に吸い込まれ、そのため洞口付近は流水がなく鍾乳石は乾燥し、風化しつつある。鐘乳管・つらら石・畦石(あぜいし)・カーテン・石筍(せきじゅん)・石柱(せきちゅう)が発達し、また小さいながらも洞穴サンゴ・曲石(まがりいし)なども無数に存在し、鍾乳石の宝庫と呼んでも過言ではない。
「満奇洞」の名は地名の槇にちなんで、歌人与謝野鉄幹、晶子夫妻が昭和4年に訪れたときに命名したものである。(それまで「槙の穴」と呼んでいた)

まきの洞 ゆめに吾が見る 世の如く
玉よりなれる 殿(との)つくりかな

阿哲郡誌では、以下のように説明されている。
豊永村赤馬槇の山腹にあり。嘉永年間里人狸を捕へんため竇口(あなぐち)を開きしに始まるといふ。 (中略) 竇口(あなぐち)を入れば高六七尺、入るに従い竇(あな)幅漸く廣し。進むこと十数間にして天井俄(にわか)に高く左右亦廣し、之を千畳敷又は大廣間と称す。進むに従ひ石(せき)鐘(しよう)、石筍よく発達す。石灰岩の地下水に溶解せるもの即カルシュウムは竇内(とうない)に來(きた)りて濃厚なる炭酸瓦斯にあふや、再び炭酸カルシュウムと化し、自然の結晶をなして垂下(すいか)せるは中空にして氷柱状をなし、滴下せるものは円柱を作る。上なるを石鐘と称し下なるを石筍と称す。 (中略) 竇口の鍾乳石の形に従ひ、諸種の名を附せり。 (中略) 幾百千の石鐘吊下(つりさげ)し火光(かこう)之に映じて閃々(せんせん)輝々(きき)水晶宮と云はんか瑠璃(るり)殿と名づけんか、入るに従い奇観盆多し。

 


 

所在地:新見市豊永赤馬槙
種別:鍾乳洞
 主な保護体制:県指定天然記念物・高梁川上流県立自然公園特別区

「自然 歴史 学術 文化」
大正・昭和初期の歌人与謝野鉄幹・晶子夫妻來洞


満奇洞

鍾乳石

与謝野鉄幹歌碑


Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換