三国山ブナ林

三国山ブナ林


三國山(さんごくざん)の餘脈は、八百米以上の高度を以て、國境を蜿蜒(えんえん)南走すること二里、其間峯を包み、谷を蔽(おおい)ひ老樹の鬱々(うつうつ)たる一大森林ありて國有林たりしが、(中略)面積五百町歩と稱(しょう)するも、優に千町歩以上の廣袤(こうぼう)と推定さる。 (後略)「阿哲郡誌抜粋」
鳥取・広島・岡山の県境に存する中国山脈の脊梁(せきりょう)に位置する広大な三国山(さんごくさん)は、大部分は針葉樹の人工林であるが、概ね面積50ヘクタールには、市内では唯一と言ってもいいぐらい貴重となったブナの木が他の広葉樹などと共に混在して林を形成している。
ブナは保水性が高い木であると言われている。これからは治水や水源確保のためのコンクリートのダムから緑のダムに大きく変わっていくと思われる。
広大な国有林であるがゆえ、これを保護し繁殖させていくことが、高梁川の源流域の山林では重要なことと考えられる。青い空と緑、そして豊かな水源確保のためにも、貴重となったブナ林を大切にしていくことは現代人の務めではないかと考えられる。


所在地:新見市神郷油野
種別:ブナ林(木)
主な保護体制:国有林

「自然」
 ・ブナの林・健康登山
*ブナ(山毛欅)ブナ科の落葉高木。やや高い山地に生え、ブナ帯の代表種。


三国山ブナ林

三国山山頂への登山口


地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換